メニュー
メニュー

お知らせ

「ゴロゴロパンサラダ」更新しました!

2016.11.07

n_5_1

ごはんのときに野菜から食べ始めるといい。そんな話を聞いたことがあります。これは野菜に含まれる食物繊維が腸の中で糖分や脂肪分の吸収を抑えてくれる働きと、野菜はよく噛む必要があり、まずはよく噛んでからっぽの胃を落ち着かせてくれる役割がなんたらかんたら、、とここまで書きつつ、フォーライフキッチンが言いたいのはそんな小難しいことではないのです!

みなさん、食卓でサラダが主菜の横にいる箸休め的な存在に、前菜のような立場になっていませんか?私はサラダが大好きです、旬の野菜にオリーブオイルと塩で食べるもよし、おいしいドレッシングがあればおかわりしたいくらい。そう、サラダは主役をはれる存在!という熱い想いで、ナチオさんにたっぷりの葉野菜とゴロゴロかぼちゃとパンのご馳走サラダを教えてもらいました。チーズで焼き目のついたパンとカボチャに温泉卵、とろ~りコクのあるドレッシングが合わさって大満足のひと皿、ぜひサラダを主役に食べてみてください。

ゴロゴロパンサラダ


「朝の白粥」更新しました!

2016.10.26

m_1_1

朝ご飯はきちんと食べますか?あなたはごはん派?それともパン派?
実家がパン屋なこともあり、朝はパンやグラノーラが多いわが家ですが、ずっと気になっていた朝ご飯がありました。それは、お粥!むかしアメリカの西海岸に住んでいた頃、早朝にサーフスポットまで車を飛ばす前はかならずと言っていいほど家の裏にある中華屋で朝粥を食べていました。お腹にたまらず、なんだか体が目覚めるような気がしていたから。
日本に帰って大分経ち、ひとり暮らしから家族をもって、朝ご飯もしっかり食べるように。そしてこのサイトを立ち上げるときから絶対に教わりたい!と思っていた「白粥」を高橋みどりさんに教わることができました!みどりさんのつくる白粥は、食べるとすーっと体の中に入ってくるような、透きとおった感覚があり、お米本来の美味しさを味わうことのできる、普通なのに特別、そんなお粥でした。みどりさんから教わる、朝の時間の過ごし方とともに、是非ゆったりとした気持ちでご覧ください。

朝の白粥


「鰯の胡麻炊き」更新しました!

2016.10.19

n_4_9
働く女性や子育て中のお母さんにとって、ご飯を用意するのって大変なことなんです。あれやこれやと過ぎていく1日の時間、そして気づけばまた夕飯の献立を考えなくっちゃ、、もう簡単なもので済ませちゃおうと思っても、働いてお腹を空かせて帰ってくるパートナーやお父さんには美味しいものを食べてもらいたい!料理も「適当」ではなく「テキトー」になってしまうと悲しいものですよね。
そんなときは上手に作り置きを活用してパパッと素敵な食卓にしましょう!時間のあるときにたくさん作って冷蔵庫に保存しておけば、いざという時や、もう1品足らないな~なんてときに大助かり。今回は以前ナチオさんに教わった「鯛の焼き切りサラダ」で登場した魔法の調味料「八方だし」の応用編にもなっているので、リクエストの多かった、だしを取った後に出る昆布と鰹節の使い方も含めてご紹介しています!

鰯の胡麻炊き


「しっとり茹で豚」更新しました!

2016.10.05

c_6_10

弱火でコトコト、食べてもらう人のことを想いながらつくる料理が好きです。勝手に「育てる料理」なんて呼んでいますが、みなさんはどんなときに作りますか?これも勝手なイメージだったのですが、育てる料理は休日など時間のあるときにゆったり~と思っていました。しかし今回智恵さんに教えてもらった茹で豚でその考えは一新!弱火で時間をかけるということはその間はある程度放っておける、他のことができるということ。これは主婦や時間のない子育てママに嬉しい話です。
もちろんアクを取ったり様子を見たり、シンプルなものだからこそ丁寧に育てることは大事ですが、準備さえしてしまえば簡単につくれるということも、ご飯のことを毎日考える人にとって強い味方。one pointで紹介している「抜群に美味しいタレ」を好きなだけかけて、しっとり柔らかく茹でられたお肉をいただきます!

しっとり茹で豚


「海老の爽やかチリソース」更新しました!

2016.09.26

c_5_1

和・洋・中、どれも好きなジャンルですが、一人暮らしのときは好んで中華を食べていました。スーパーに並んでいる合わせ調味料だれを買ってきて素材と合わせ炒めるだけ、たまに一から作っても決まった素材と醤の組み合わせで、なんとなく中華味になるから簡単と思っていたのでしょう。なので今回、智恵さんに豆板醤を使わないエビチリはどう?と聞かれて驚きました!しかもマーマレードジャムも登場!?
何事もそうですが、先入観というのは怖いもの。料理だってこうするのが当たり前、こうでなければいけないなんてルールはないのに、、もっと自由に、楽しめる可能性を秘めているんですね。智恵さんの教えてくれたエビチリは、ゆず胡椒のピリっとした辛さとマーマレードのビターな甘味が食欲をそそる、爽やかな一品でした。すっきり晴れてくれなくてなんだか空が暗い、、そんなときこそ爽やかな料理で明るい食卓をつくりましょう!

海老の爽やかチリソース


ページトップ